歯並びが気になる!

矯正歯科

あなたは、人前で歯を見せて思いっきり笑うことができますか?

歯並びが気になって口元を隠してしまう…

不自然な笑い方になってしまう…

そんな心当たりがあれば、ぜひ当院にご相談ください。

治療例①

初診の状態です。前歯が混み合っています。

治療中の状態です。この方の場合、歯を並べるスペースを確保するために抜歯を行っています。抜歯が必要か否かは、症例によって異なります。

治療終了時の写真です。

治療例②

初診時の状態です。

治療中です。装置を歯に装着し、歯を並べていきます。

治療中は、月に1回、細かな調整を行います。

治療後の状態です。個人差がありますが、治療期間は1年半から2年半程度です。

その他症例

【40代女性】

叢生(らんくい歯)の症例です。マルチブラケット法にて歯並びの改善を行いました。

       術前                術後

【小児】

反対咬合(受け口)の症例です。リンガルアーチと呼ばれる装置にて上顎前歯部を前方に押し、被蓋(かみ合わせ)を改善しました。

       術前                術後  

【20代女性】

歯が混み合って並んでいるため、見た目が気になるとのことでした。歯を並べるためのスペースが不足していたため、第一小臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット法にて治療を行いました。

        術前               術後

【20代女性】

前歯の歯並びを治したいとのことで受診されました。上あごの奥歯を、少し横に広げることで、抜歯をせずに歯並びの改善を行うことができました。

       術前                術後

矯正治療は保険外診療となります。

【20代女性】

前歯の歯並びが気になるのと、少し奥に引っ込めたいとのことで、来院されました。奥に引っ込めるスペースを確保するために、抜歯を行い、矯正を行いました。

        術前               術後

【8歳男児】

上の前歯が、大きく捻転(ねんてん)して生えてきてしまいました。自然にまっすぐになるのは困難な状態だったので、矯正治療にてまっすぐになるように歯を動かしました。

        治療前              治療後

【30代女性】

前歯の歯並びが気になるとのことで来院。マルチブラケットにて矯正を行いました。

        治療前              治療後

【8歳男児】

前歯が一本、内側に入ってしまい、自然に治るのは不可能な状態でした。リンガルアーチという装置で、正常なかみ合わせに治療を行いました。

        治療前               治療後

【10歳男児】

上の前歯が、下の前歯より奥に入ってしまう、いわゆる受け口といわれる歯並びになっていました。マウスピースタイプの装置で治療を行いました。

        治療前              治療後